2013年06月04日

ノムさん2

ヤクルト全盛期の時代、野村監督の采配を

『野村ID野球』

と称していたが、ちょっとおかしくはないか。
相手選手にIDを割り振ることは、直接の戦略とは関係ないし無意味だ。
チーム別、守備位置と五十音順で管理する方がよほど合理的である。

なので新しい呼称を考えている。
(既にデータ野球という言葉があるが気にしない)

野村個人情報収集野球というのはどうだろうか。
Google野球と呼び変えてもよい。
捕手時代の戦術はTwitter戦術だ。
ラベル:ノウノ ノムさん
posted by ノウノ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック