2013年05月15日

遺跡で歯を抜く/車がほすぃ

親知らずがパキッと欠けた。
どうも虫歯だったらしいが、脆くなった箇所が欠けてしまったらしい。
これは年貢の納め時、痛くはないが、親知らずだし思い切って抜いてもらうことにしよう、ということで歯医者に行くことにした。

前に行った歯医者がいっぱいで予約できなかったので、近所の別の歯科に電話する。
「こんなところに歯医者なんてあったっけ?」と思いつつも順調に予約は取れた。
歯医者というものはだいたいにおいて、治療回数を分けてお金を取るものである。初回は診察だけで終わって治療してもらえず、初診料だけ取られてまだ歯が痛い。予約はだいぶ先になるというのが常であるが、電話で確認したところその日に抜いてもらえるということだった。首尾は良好。

早速地図の場所に行くと、どう見ても遺跡のような古い建築物に医院の看板があった。
たまに通る場所なのに全く記憶になかったのは、古すぎて生きている建物だという印象がなかったかららしい。
おお……と思いつつも、中はそうでもないかもよ? 設備はいいかもよ?と自分に言い聞かせながら入る。

待合室を通されて、診療室に入ると、すべての設備が年代物で日に焼けてうす赤くなっていた。
「ああ…死ぬんだな……」と思う。
もう帰れないんだな……とか思いながらまな板の上に神妙に収まる。

結論から言うと、抜歯は全く痛くなかった。
非常に注射の上手な先生で、麻酔針が刺さった瞬間さえ分からなかった。
欠けて脆い歯(自分でパキパキ言うのが分かる)も、途中で折ることなく抜いてくだすった。
先生はよく笑う、目のやさしいおじいちゃんだった。
神様だったのかもしれない。

---

その医院のすぐ近く、高架下の駐車場で、かっこいい車を見た。

ほっすぃ
お?

ほっすぃ・・・
おお……

超ほっすぃ
かっこいい……

超ほっすぃ・・・
後ろもかっこいい……

なんだこの車は……、かっこいいぞ……。
高架下で全く雨に降られず放置され続けた結果、全体が埃でコーティングされたらしい。
外から中の様子はほぼわからない。子供が埃に指で「こうちゃん」と書いた跡がある。自分の名前だとしたらなぜちゃん付けなのか。他人の名前だとしたらなぜ書いたのか。
ほっすぃ。
フルメタリックならぬフルブラウンである。こんなカラーのがどこかに売ってないだろうか。
ただし運転席から前が見えない。観賞用だ。

遺跡のような歯科といい、この周辺だけ時が止まったようだった。
ラベル:ノウノ うろつく
posted by ノウノ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック