2013年04月01日

せっかくエイプリルフール 2013

(※ 当サイトでは、エイプリルフールはてきとうなことを言う日です。)


寂寥の冬の中にいた。この一年間ずっと。
期間を選ばずに降り注ぐ。心を痺れさせるように。
だから冬眠していた。

寂寥の嵐がやってきたので、息を潜めた。
洞の中で。鼓動を停めて。
生とも死ともつかない眠りの中でたくさんの夢を見た。
ときどき起きてうどんを食べた。
うどんおいしい。

どんなに時間がかかっても、季節は変わる。
明かりが大地に落ちて、春がやってきた。
春が来たからといってなんてことはない。僕は一人だ。
ただ温かい。

ただ温かい。それだけで生きて行ける。
うどんも温かい。

窓から空を見上げると、久々の明かりが目を焦がす。
自然に涙がこぼれた。
鼓動が体全体を打つ。痺れがほどけるように感情が戻ってきた。
そうか……僕はこの日のために眠っていた。この日のために生きていた。

一年間更新しないのもすべてはこのためだった。そうに決まってらい。

僕は両手を猫の耳のように頭に当て、「にゃんこ」と叫ぶと急いで外に飛び出した!
posted by ノウノ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 落書き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梶井モトジローのレモンみたいやね。大事にしたいモンモン感や。
Posted by 佐賀優子 at 2013年04月03日 01:44
コメントありがとうございます。

檸檬は今も愛読書です。
梶井基次郎もきっとうどんおいしいと思っていたはず。
Posted by ノウノ at 2013年04月03日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353603216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック